注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

【湯シャン歴:1ヶ月】猫っ毛サラリーマンの湯シャン進捗報告

  • 2020年5月3日
  • 2020年5月6日
  • 髪活
  • 32回
  • 3件

Hi!のだ(筆者)です。

この記事では長年猫っ毛で悩んでいた筆者が、湯シャンを1ヶ月実践してみた結果を共有したいと思います。

特に猫っ毛で日中にはボリュームがなくなってしまうことでお悩みのサラリーマンの方にとって読んで損のない内容となっていると思います。

是非最後まで読んでみてください ^ ^ !!

【この記事を読んでわかること】
・猫っ毛に湯シャンは適切なのか
・湯シャンの方法
・湯シャンの場合の髪のセットについて

猫っ毛が湯シャンを1ヶ月継続してみた結果

完全に有効。ボリュームアップと剛毛化効果あり!

論より証拠、以下の写真をご確認ください。

まさかここまで良好な結果になるとは思わず実行前の写真がないのが非常に悔しいのですが、明らかな違いを見て取れます!

まずは開始7日目の写真です。

【状況】皮脂により髪にテカリあり。見た目変化なし。
続いて30日目の写真です。

【状況】全体的にふわっとしたボリュームアップあり、剛毛化も実感。
如何ですか?!
2枚目なんかは猫っ毛じゃないじゃん?と思われるレベルかと思います!
まだまだ続けていきますので(筆者の中では生涯湯シャンをほぼ確定させています)、定期的にレビューするように致します。

筆者紹介及び猫っ毛との闘い遍歴

さて、筆者の猫っ毛との闘いについて以下に記していきます。

あなたと髪質やこれまでのアプローチの違いもあるかと思いますので、ご参考いただけたらと思います。

髪質について:猫っ毛、軟毛、直毛

小さいころから猫っ毛、軟毛、細毛、直毛の四重苦でした。

ワックスを使っても午後にはペタリ、です。

帽子を被ったら、もう外では帽子を脱げません泣。

学生時代

高校の頃は野球部に所属していたので2年半は坊主でしたが毎晩シャンプーをしていました。このころは朝シャンまでしていた記憶があります。

3年生になり野球部引退後は髪を伸ばし、その頃流行っていた「ベッカム風ウルフカット?」を真似ていました。コンビニワックスをめちゃくちゃ使ってました。

専門学校へ進学後は髪を染め、ウルトラハードワックスを常用。社会人までその生活は続いていました。

社会人時代(20代)

20代前半は激務で24時を超えることもあるような職場で、睡眠時間を確保するために会社から徒歩3分のアパートを借りることを決意、初めての一人暮らしです。

猫っ毛だと幼くみられるんですよね。大人っぽさがなく、この頃はかなり髪質について悩み、迷走していました。

「髪を傷めれば太く見えるのでは?!」の完全な暴論により、シャンプーのすすぎをテキトーにしてみるという荒治療を慣行。

結果:薄毛が悪化(当たり前)。

パーマをあててみたらボリュームアップするかも!と思い荒治療を慣行。

結果:薄毛が悪化(もう笑い話でしかない)。

※ただし、薄毛の心配がない人はパーマは非常におすすめです。その頃はパーマのおかげでぱっと見のボリュームは増えました。ただし薄毛を気にしている方は絶対NG!毛根へ痛恨のダメージを与えます・・。

※余談ですがその頃から飲む育毛剤の「プロペシア」(25歳頃からはジェネリックの「フィンペシア」)を服用し始めました。効果の実感はあまりありませんが、低価格(年間1万円弱)のため精神衛生的な目的もあり今でも常用しています。

その後、20代後半より界面活性剤の含まれたシャンプーを止め、シャンプー解析ドットコムを参考に石鹸シャンプ―や高価なボタニカルシャンプー(The シャンプー、ソープオブヘアーなど)を使用してみたものの依然として猫っ毛は変わらず。

ワックスでセットしても午後にはぺちゃっとなってしまいます。

社会人時代(30代)

30代になりミニマムな暮らしに憧れ、脱シャンプー。

石鹸(アレッポの石鹸、ミューズ、泥石鹸など特に決まった銘柄ではない)で髪の毛を含め全身洗うようになりました。

面白いことにそれまで高額な良質と言われていたシャンプーを使っていたにも関わらず、石鹸でも髪質や頭皮に変化は現れず、転機となる今年の3月まで、その生活を約3年間続けてきました。

現在/コロナウィルス感染拡大によりテレワークへ

2020年3月末より約1ヶ月のテレワークが決まり、予ねてから気になっていた「肌断食(はだだんじき)」を慣行することに!

肌断食とは洗顔料や化粧水など一切肌につけない美容法です。後々知りましたが宇津木龍一先生という皮膚科の有名な先生が本まで出版されており、最近では結構有名なメソッドのようです。

肌断食の理論をものすごくざっくり解説すると以下の通りです。

・肌に付着している汚れは水洗いだけで約80%落ち、シャンプーや石鹸では体にとって必要な常在菌や皮脂を取り除いてしまう
・その結果、乾燥が進み、より多くの皮脂を分泌するようになってしまう。これがべたつきやテカリといった肌異常の原因。
石鹸等の使用をストップし正常なターンオーバーサイクルに戻してあげることで健康な肌へ生まれ変わらせる

※詳細は別記事で掲載予定のため割愛。web記事でも今ではいろいろとアップされていますので是非検索してみてください。

ふと、荒治療好きの筆者は「同じ理論で髪も水洗いでいいのでは」と、何となく肌断食開始の2-3日後に「湯シャン」も実行することに。

それがついにハマりまり、今回のご報告となっています。(1ヶ月前の自分のチャレンジ精神を毎晩心からほめてあげています。)

湯シャンの経過について

開始直後

肌断食をした顔も同じでしたが、頭皮に皮脂が残りドライヤー後の髪はすでに皮脂でべたべたです。普通の精神状態ならば明らかに「異常」とみなし、洗い直さなければ我慢できないレベルでした。

ちなみに体は水洗いに変えてもべたつかないんです、顔と頭皮だけ油脂の分泌が多いという人間の体の神秘(?)を感じました。

1週間くらいはこの状態が続きました。

※後日webで拝見したメソッドでは、一気に脱シャンプーすることはNGで、2日に1回、3日に1回といったように徐々にシャンプーの回数を減らしていくことが推奨されています。

冒頭の通りですが、再度1週間後の写真を添付いたします。べたつきが収まり始めた頃です。

1週間後~数週間

上の写真から徐々に皮脂の分泌が収まってきたのか、次第にべたつきは改善されてきました。

3週間目頃よりボリュームの増加を感じるようになりました。

現在(1か月後)

はい、改めて現在の写真です。(セットしていません)

明らかなボリュームアップ・・!

現状について自己分析をします。

・皮脂量が適正になり、髪をコーティングしている状態だと思います。髪本体ではありませんがこれにより物理的にボリュームアップしているものと思います。
・開始直後は皮脂が分泌されすぎて髪がギトギトで重くなりペタっとしてしまっていたのではと推測しています。
適度な皮脂のコーティングにより髪が強くなり、剛毛とは全く呼べないものの、明らかに軟毛からは脱したように感じています。

湯シャンの方法

洗髪前

他のwebサイトではお風呂に入る前に獣毛(豚毛)ブラシで梳かすか、お風呂で濡れた状態でも梳かせるウェットブラシ(以下)を使用をおススメされていますが(大きな汚れを落とす効果と髪の絡まりを防止)、私は特に拘って洗髪前にしていることはありません。


ウェットブラシ パドルディタングラー

たまに気が向いた際にブラッシングはしていますが、その際は以下のプラスチックブラシを使用しています。

 

入浴中

私は入浴後すぐに洗髪はしませんが、早めに髪を濡らします(1度湯舟に潜ります!)。

これだけでブラッシングしてもしていなくても同じではと考えています。

入浴時間は20-30分くらいなので、余分な皮脂が浮き出ている等のメリットがあるかもわかりません。

洗髪

時間をかけて洗髪しています。時間は計っていませんが3-5分程度だと思います。

最近とても面白い動画を発見したので貼っておきます。今はこの動画を真似て洗髪しています。

私はこの動画を拝見し、湯シャンに対する迷いが消えました!湯シャンについてとても勉強になりますので一度視聴してみることをおすすめします ^ ^ !!

タオルドライ

後頭部と側頭部はガシガシ拭き、前頭部と頭頂部はぽんぽんとタオルで頭皮と髪を押さえるようにしてタオルドライをしています。

ドライヤー

冷風と温風を交互にあてて乾かしています。10秒くらいのインターバルにしています。

濡れたままの状態で放っておくことは基本的にしません、浴室から出て服を着たらすぐにドライヤーで乾かすようにしています。

髪のセットについて

さて、この記事をここまで読んでいる猫っ毛のあなた、この話題が一番気になっているのではないでしょうか。

わかります!猫っ毛として・・。

私自身何年も前から水だけで洗うことはぼんやりと考えていたのですが、猫っ毛は整髪料をつけてセットしない外出できませんよね。

整髪料は水(お湯)だけで落ちるとは思えませんよね。そうすると結局毎日シャンプー必須じゃないか、と。

朗報!ジェルとの相性抜群!(ただし自己責任で)

私も現在テレワークですが、毎日web会議があるので身だしなみは整えなければなりません。毎日髪をセットしています。

ただし、ワックスやスプレーは絶対に使いません。油分が多く水だけでは落ちないからです。

一方、これはおそらく一般的に推奨されない可能性が大きいかもしれませんが、水溶性のジェル、具体的にはロレッタ ハードゼリーであれば水だけで落ちています

現に1ヶ月以上ジェル+湯シャンを続けてきた私に目に見える害はありませんでしたので、もし髪型のセットで悩んでいる方はこのジェルを使ってみてください。かなり使い勝手良いです ^ ^ !!


【送料無料】 Moltobene モルトベーネ ロレッタ ハードゼリー 300g

ドライヤーでのセットも可能に!

また、もう一つ、これは今まででは考えられなかったのですが、夜ドライヤーである程度セット後をイメージして乾かすと翌日結構そのスタイルが残っています。

これは猫っ毛時代にはありえなかったことで、その辺のコンビニやスーパー程度ならノーセットで出かけることができるようになりました!

これも体験して頂きたいことの一つですね ^ ^ !!

まとめ

さて、大事なところをまとめたいと思います。

・最初の1週間は油脂の過剰分泌によりべたつきがあるがそれを耐えきる(我慢です!)
・数週間から1ヶ月で湯シャンが馴染み、油脂の分泌の適正化が始まる
・水溶性ジェル(ロレッタハードゼリー)であればセット後も湯シャンのみでOK(筆者体感談)
如何でしたでしょうか。まだ半信半疑ですよね。わかります ^ ^;
ただ、この33年間の悩み、体質変化を体感しつつある筆者としては1度騙されたと思って試していただきたいと強く思います。
とはいえ筆者としてもまだ1ヶ月程度の経験です、今後も2か月、半年後等のスパンで進捗をお伝えできるようにしますので、経過を見て判断してくだされば幸いです。
また、もし湯シャンのことでご質問がありましたら是非コメント欄にお願い致します。猫っ毛の悩みは美容師よりも猫っ毛に聞いてください!私の体験談(パーマ等の話でもOKです)は共有できるかと思います。

Twitterまとめ

最後に、Twitterで検索してみたところよさげな投稿がありましのたで共有します。力になりますね!

では!
Good day!